スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アトピーの発症時期は?

アトピーの発症は乳幼児に多く発症します。
3.4歳ぐらいまでに発症することが多く、アレルギーの中では気管支喘息とアトピーは乳幼児になるアレルギーとして知られています。親からの遺伝も多いアトピーですが赤ちゃんの場合生後6ヶ月以降にアトピーかどうかの診断がされます。生後6ヶ月以前ではなかなか診断がくだせないみたいです。
乳幼児意外でのアトピーの発症するケースはストレスが深く関係しているといわれています。
スポンサーサイト

アトピー性皮膚炎の気になる原因

アトピー性皮膚炎になる詳しい原因は不明とされていますがさまざまな要因があります。
子どもの場合、親からの遺伝やダニやハウスダスト、食物のアレルギーとも言われています。大人になってからでもアトピー性皮膚炎を発症する場合も最近は多く、ストレスや不衛生な環境などの生活環境の変化で発症するケースがあるみたいです。
子どものアトピーは赤ちゃんの時期から乾燥肌やおむつかぶれをしやすかったりします。赤ちゃんのアトピーの場合は生後6ヶ月以降にならないとアトピーと診断できないみたいです。

アトピー性皮膚炎とは?

子どものアレルギーとして知られているアトピー性皮膚炎は、乳幼児なら3歳ぐらいまでに発症すると言われています。特徴として皮膚の炎症となる湿疹が体のいろんな部分にでます。
アトピー性皮膚炎は先天性の過敏症の一種とも言われています。アトピーという名前の語源はギリシャ語のアトポス言われていて、体のいろいろな部分に湿疹がでるので場所が不特定という意味でなづけられたみたいです。
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。